ケイチャン焼ヒストリー


屋号が『KEICHANCHI(けいちゃんち)』だから、当店オリジナルの料理だと思われていることが多い。そんなわけで、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)とはどんな料理なのか

★飛騨庶民料理 鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)★

岐阜県の飛騨・下呂地方で鶏のことを『けいちゃん』と呼ぶ。
地元では『ケイチャン焼』のことを『ケイチャン』とか『けいちゃん』という風に呼ばれ味噌味があったり醤油味があったりする。
味噌味は、飛騨地方の比較的寒い地方で多く保存食として活用されていたりする。醤油味はおなじ飛騨地方でも比較的暖かい地方に多い。

コクは味噌の方があるがその分塩分が高いためご当地の皆さんには塩辛く感じるだろうということで、当店ではお子様からお年寄りまで馴染みやすくあっさりとした醤油ベース味のタレを何度も地元まで足を運び色々なタレを吟味し独自に創り出しました。

『ケイチャン焼』は、飛騨地方で古くから伝わる超庶民料理で、当地方でいう『おかゆ』と同じように大切なお客様をおもてなしする料理ではなく日常茶飯事食べている家庭料理です。

お肉屋さんで売ってたりスーパーでレトルトや冷凍食品としても売られていたりもする。
地元名物のパンフレットにも載らないくらい人々の生活自身に溶け込んでしまっている料理です。地元で老舗といわれる何軒かの『ケイチャン焼』の店は、昔ながらの食堂のスタイルとして今でもそのスタイルと味を守り続けています。

当店では古き食べ方のスタイルも大切にしながら地元とは違った独自の食べ方もご提案させて頂いています。

『ごちそう』というにはふさわしくない料理かも知れません。
けれど気のあう仲間とケイチャン焼を囲んで楽しく食べてひとときを過ごす料理として、また、飽きのこないヘルシーで、思い出したように食べたくなる体にもやさしい料理として皆様に愛されることを願って日々努力してまいります。ぜひ、一度ご賞味頂けます様お願い申し上げます。

ケイチャン焼との出会い


悪くいえば『馬鹿にしたくなるような料理』なんです。
だけど、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の専門店まで造ってしまったのはなぜ?

鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)との出会い
青い鳥を捜し求めるように、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を求めていたのではありません。
捜し求めていたのは、もうすでに閉店してしまったもう『くいしんぼう』のメインメニューである若鶏焼(若鶏ホルモン)のルーツを探っていて友人の知人でとある方からの情報から鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)とやらが若鶏焼(若鶏ホルモン)のルーツでないかということで、初めて『鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)』という言葉を聞いたわけです。 じゃルーツである『鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)』とやらを食べに行くことに・・・・。


◆うわさの鶏ちゃん焼を食べに行こう

聞いちゃうと『いざ!行動』の私は、さっそく鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)とやらの食べられるお店探しから。和歌山と岐阜じゃ中々友人も親戚もいないので、どうしようか?と思っていたところ唯一ひとりの岐阜の知人を思い出した。とある看板屋の営業マン。その知人を頼ることしかできなかった。(今のようにインターネットでというわけにもいかなかったので)
早速、岐阜の知人に電話。
『岐阜の名物の鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)』の食べられるお店を教えてほしいと言ったところ、『鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)ってなに?』という返事!
どういうこと?と言いたいのはこっちだった。結構有名な料理だと思っていたから・・・・。ということで知人にお願いして『鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)探し』をして頂きました。

さあ、食べるぞ!初めての鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)
何軒かの鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)のお店を食べに、いざ岐阜へ
朝早くからお店を出発!最初に行ったお店はドライブイン風のお店でした。

早速、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を注文。出てきたのは味噌炒め風の鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)だった。これが鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)か~と期待満々の私にとっては、残念なものだった。

◆超~感動!!!
ちょっとがっくりした私は、予定通り次のお店に。
『さぁ、着きました』お店の見た目は田舎の食堂というのがピッタしな感じでした。あまり期待もせずにお店に入りました。

とりあえずは、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を注文。
出て見て再度ショック!でした。
単なる鶏肉とキャベツだけの料理だったから(前のお店は調理していたから余りそんな風には感じなかった)
期待感もこれまでだった!!

とりあえずは、食べて『もう、帰ろう』という気持ちでいっぱいでした。
初めてだから大体の焼き方で調理して期待感もなく食べてみると『なに!これ!』と言いたくなる様な感動と美味しさが襲ってきたのでした。

『単なる鶏肉とキャベツだけの料理だよ!なんで、こんなにおいしいや!』という感動の出会いがこの時に生まれたのでした。結局は、もう一軒のお店も寄っていくことになっちゃいました。


ここから次なる店の構想が浮かび東京の飲食仲間の友人にもこのことを知らせることに・・・。後日、その友人から私が感動したという鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を食べてみたいと連絡が入り、共に日程を合わして岐阜へ行くことに・・・・。

私が感動した田舎の食堂というのがピッタしなお店に案内し鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を食べてもらった・・・・予想通り東京の友人も感動してしまった。それからは、その友人と鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)をメインとした居酒屋をやろうということでスタートが始まったわけです。

自分たちのオリジナル鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を作ろうと日々互いに試行錯誤の日々が続き、中々うまくいかない時は原点に返るということで何度も何度も岐阜に足を運んだ。

まもなく目指してから1年を迎えようとした時、関東でデモケースのお店を初めて見ることにしました。関東で初めての鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の店は横浜・八景島シーパラダイスのレストランでの期間限定でのトライでした。
トライの結果、大筋好評ということで本格始動することに。

私は私なりの課題の克服と改善の中で鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の店の構想が完成。さあ、いよいよ本格的に出店計画。その中で店舗設計は東京の友人の紹介で設計士を紹介して頂きいよいよ店舗デザイン・・・・・ではまず鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)にあう店舗設計をして頂くことに・・・・それじゃ本場で鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を食べたいということでいざ岐阜へ・・・・・。

前回と同様にお店を回る。その設計士の方も鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)をたべて超感動してしまった。そして、当店開店から1年がたたない位に東京の友人と設計士が共同で東京・銀座で鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の店を開店させてしまった。

さらに話は続く。
ポイントシステムを手掛けてくれていた関西の友人にこの話をしたところ、その友人も感動をしてしまい「鶏ちゃんの郷」というサイトまで立ち上げて、自分の商いの一環としてしまった。その友人の紹介で西宮・門戸厄神でも鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の店がスタートしてしまった。


まだあります。
さらに違う東京の飲食仲間の友人にも話したところ、俺もなぜ?みんなが鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)で感動するか知りたいと言いだし、またまた同じように岐阜へ・・・・・結局、その友人も感動してしまい、自分がまかされてできる神奈川・川崎のお店に入ったとき、鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)をメニューに載せてしまいました。


単なる鶏肉とキャベツだけの料理になぜ?その道のプロたちが感動したのか。まだ鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を食べられていない方は、是非、当店の鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)を食べてみてください。きっと何かを感じて頂けるものと思います。

計画当初、WEB検索しても8件という検索結果だったものが、あれから10年・・・現在では50万件以上のヒットとなっていますし、全国でも200店舗以上の鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)のお店が存在し、大手チェーン店も参入、また
スーパーでレトルトやコンビニのおにぎりになるまで鶏ちゃん焼(ケイチャン焼)の全国区制覇が進んでいます。

Information
和美場 くいしんぼう
〒647-0081
和歌山県新宮市新宮443-8
  • 地元の方から県外の方まで、楽しんで頂けるオリジナルあふれるお店をめざしています。
    営業時間 PM5:30-PM11:00
  • TEL:0735-23-1003
最近のブログ記事
メール会員募集中

お得な情報を配信しています